花粉症治療

花粉症の症状花粉症の治療

花粉症には、このような治療法があります

「どんなアレルギーを持っているのか?」を簡単に調べられる検査も行っています。まずは、ご自分のアレルギー体質を知ることも大切なことです。詳しくはこちらをご覧ください。

どの方法が患者様に合うのか、ぜひ、医師にご相談してください。

①投薬、漢方による薬の種類

  1. 1.抗ヒスタミン薬(例:デザレックス・ビラノア・ルパフィン・クラリチン・アレグラ・アレロック)
  2. 2.ケミカルメディエータ―遊離抑制薬(例:ぺミラストン・リザベン)
  3. 3.ロイコトリエン受容体培抗薬(例:オノン・キプレス・シングレア)
  4. 4.その他(バイナス・アイピーディー)
  5. 5.ステロイド剤(例:セレスタミン)
  6. 6.漢方(例:小青竜湯)

※相性のいいお薬を使うことが大切です。内服薬だけでなく、外用、目薬も同様です。スプレータイプで、霧状の液だれが嫌いならパウダータイプもありますし、コンタクトの上からさせる目薬もありますので、医師にご相談下さい。

②花粉症の注射にはいくつかの種類があります

③レーザー照射による治療

④舌下免疫療法

ずっとスギ花粉症やダニアレルギーにお悩みの方に朗報です!
5才以上から受けられる治療です。
スギの舌下免疫療法は、スギ花粉が飛んでいない時期に、当院では6月より医師の監督のもとに服用を開始します。
スギ花粉でお悩みの方はこちらをご覧ください。
ダニアレルギーでお悩みの方はこちらをご覧ください。

Q1:花粉症の薬の服用する時期は?

症状のでる2週間位前から予防的に服用することで、症状を軽くします。お薬を飲むことに抵抗のある方、通院がむずかしい方は、前年の年末までにレーザー治療を1回することで、翌年の花粉症のシーズンの症状を軽くしますので、当院ではお勧めしております。

初診・再診の方 予約受付のご案内

(再診の方用)一度でも当院にかかったことのある方 ネット予約 (初診の方用)一度でも当院にかかったことのない方 ネット予約

keyboard_arrow_up
LINE